CJ朽木

やっぱりJシリーズ CJ U は格別な雰囲気ですね 出てよかった 観てよかった


ブースにたくさんのみんなが来てくれました ありがとうございますm(_ _)m

ここでは自分の事について書く

先ずは今回参戦するにあたって機材の変更
シマノからMAGURAへブレーキシステム変更

今まであんまり気にしなかったブレーキの効き スンマセン舐めてました MAGURAで体感した事は大事だという事
取り付けからセッティングまですごくシンプルで取り付ける人によっての誤差があまり出ないんじゃないか 説明書通りに当たりを出す 近所で30kmまで加速してブレーキを50回? 動きが変態に見られたな
ブレーキは効けばいいわけではなく 効くまでの当て効き 引きずる感じのスピードコントロールが大事だと思ってる セッティングとか追求するとそうなるがMAGURAは最初からそれを体感できる 簡単
僕レベルの下りは遅いと自慢出来る^ ^笑
そこに機材からの安心感が入ると少し速くなる
MAGURAは初レースなのに指と脳にシンクロした

気になったのは電動のシフターとの位置関係 ブレーキが外でブレーキの角度出すとシフターの角度がギリギリ でベストポジションに行かない
ベストポジションにするとシフトが引っかかりレバーが返ってこない
ちょっと微調整が必要か 削れば問題無し

そして絶好調 絶対回らないESIグリップ もう書く事ない絶妙です

ハッチも言ってましたがありがたい事でブースをやりながらのレース活動は楽しい しかし朝一のブース設置してからのブース移動で30分食い込み これが結果的に試走からアップまでに影響した

試走で負荷のアップは出来たけどローラーの回転のアップが出来なくて
スタートラインへ 定刻通りスタート マスターズ3周 同時にユースも3周でスタート
しかしユースが速くてペースがぐちゃぐちゃになる事は予想できた

がそんな事はよくて

緊張感がない

スタートは最後尾4列目
ポイント無いからね
全日本までには最前列に並ぶ予定

緊張感無いほうがペダルキャッチはスムーズ

スタートして1本目の登りは全く掛からない あきれて笑えた

やめたくなるレベルの回らなさ やめないんだけどね
自分の身体はよく分かってるから慌てない
レースは3周 最初の半周はアップに努めて捨てる 最頂点からの下りで身体にリズムを取り戻させる

割り切ると落ち着いて冷静になる スタートライン超えて2周目の上りから掛かり始める 多分20番手まではいってないがそのぐらい 前だけ見て踏む

クランクを0.5mm長くしたんだけど 上手くいってない戻そうと思った

練習の成果というかそれしか出来てない成果がちゃんと活きてるのが分かる10秒回復 肺の上使って深呼吸するとリセットできる

3周目の上りで6位に上げる 前は3位まで見えている 最頂点までに追いつかず 下りへ
つづら折れでフロント止まって落車 右側ハンドルついた時に ブレーキとシフターが干渉してチェンジ出来なくなる 走りながら治したがダメで 7位におちる
後は下りと少しの上りなのでこのままシングルスピードで 順位落とさないようにゴール

7位

前向きにとれば伸びしろを感じる 気をつければ次楽しみ

反省 アップちゃんとしなさい

はい

バイク SCOTT スケールRC Mサイズ
タイヤ IRCタイヤ ミトス前後 1.6気圧
サドル TIOGA ツインテール2
ブレーキ MAGURA MT-8
グリップ ESI イエロー
走る前 アスリチューン 1 走った後 アスリチューン3
ウエア アイウェア CLT
ホイール シューズ ソックス MAVIC
ボトルゲージ スフィダーレ
ボトルの中身 BUCYOの液体

みなさま応援ありがとうございました^ ^

次戦はCJ八幡浜 へ ブース&ライダーとして参加します