東海CXワイルドネイチャー 最終戦

写真は 前川菊蔵flickrからいただきました ありがとうございますhttps://m.flickr.com/#/photos/maekawa0717/albums/72157678918907581/
高木 ボスもありがとうございます
のりへいさん リザルトありがとう 前日よりコース設営に入り
東海CX運営部とBUCYOcoffee.CLTチームの見事なテキパキ感 無線を各自持ってますが使ったのは一度だけの阿吽の呼吸 設置! 午前中にはほぼ出来上がり
試走の皆さんを迎えました

今までの積み重ねの集大成!

また来シーズンもやれるといいですね

部長試走は2周 自分で線引いたコースチェックと危険箇所 バランスを感じて 

頭のイメージと身体のダメージが合っているか大事なところです
今回のコースは 1周の前半 後半に砂丘エリアがバランスよく入るのと 出来るだけストレートを長く取り 減速コーナーを少なくして 踏んでいけるしスピードが乗る けどイージーじゃなくて速く走ると難しく コーナーもうまくいけば乗れる ようなコース あまりばらけ過ぎず 最後までどうなるかわからない ドキドキです

東海CXのとりを務めるにふさわしい 苦しいコースを考えました^ ^

当日は 4時起きで チームの協力もあって目覚めると身体は普通だった笑
前日は

漏電風呂に入りほぐす
コース設営 ブース設営は出来るだけ分担する みんなのおかげで走れますm(_ _)m

前日の試走で 空気圧は IRCサンド前後1.2気圧と決めていた
当日のコース試走も1周だけで体力温存
1周だけど乗るとこ降りる所の見極めを集中して行う

バイクは

メリダCX5000 Sサイズ
ホイール sfidare パッセロdisk
タイヤ IRCタイヤ Fサンド 1.2気圧 Rサンド 1.2気圧
サドル TIOGA ツインテール2
フロントギア ウルフトゥース 40t 楕円 スプロケ11×30
ハンドルステム 3T
ヘルメット OGKカブト ゼナード ホワイト
ジャージ CLT ワンピース
アイウェア CLTジュリー イーグルビュー ピンク
アスリチューン レッド2本 アフター ブルー2本

ブースはおかげ様で大変なことになってますが アップを40分前から開始
いつものアップ 丁寧にする

定時にスタートラインへ
今回は c2から1分後にスタートする
コースは左端を選択する 理由 路面が固いから
ペダル一発キャッチ成功で

1コーナーへ アウトからセンターへ飛び込み c1のスタートを観ていたのでターンはランして回る

ホールショット
今回は関西マスターズからチャンピオンの藤井さんが来てくれて 敵地でもコテンパンにしてやろう感バリバリなバチバチないい感じの緊張感を与えてくれました
遠くからありがとうございます
負けたくない
国分さん も 速い
元 全日本エリートチャンピオンの大原さんも多分砂のランはピカイチだと思ってた
羽鳥さん 前 砂丘を上まで全乗りした凄いライダー

が後ろから狙っている

浮島まで来ると 後ろに国分さんだけで 後は離れる
さて林ゾーン越えて ステップで 乗ってクリアしたらc2前走者にかかり 前転して 国分さんが前に 10秒差 この後砂丘登りだから 前転したタイミングが悪かった ランは好きだけど練習出来てないから遅い 脚が止まる
目の前が遠い

右ブラケットが内側に入ってしまい治しながら走る

後ろから藤井さんが上がって来て 抜かれる 後ろに付いている間に整えて 再び追う 決して調子悪いわけではなく
ランがイマイチ 身体疲れてるわ〜

ペースは落ちないんだよね でも上がらない
練習がそうだからだな クン!て上げれない


3周目に大原さんに抜かれ 3位になり 後ろに藤井さん
表彰台はキープしたいが前は見える
まだ行くしかないだろ!
勝ちたいがそうそう勝たせてくれないのが砂
そのままゴール

やる事はやりましたが ゴール後 総監督と鍋番長に 前転を攻められ あの差だあの差だと 確かにあの10秒が……
全て自分の蒔いた罠にハマりました笑



マスターズシリーズチャンピオン獲得!めちゃうれしかった!

BUCYOcoffee.CLTはワイルドネイチャーをもちましてMTB ロード まだ少しCXにシーズンに突入いたします
シーズン中たくさんのあっつい応援をありがとうございました!
また来週からよろしくお願いします!

関西マスターズチャンピオン対東海マスターズチャンピオンは 東海マスターズチャンピオンに軍配上がりましたが 藤井さんとは今季は2勝2敗 です
また来シーズン闘えれたらと思います

応援協力いただいております皆様 BUCYOcoffee.CLTはこんなです よろしくねm(_ _)m