sfidare crit BUCYO編

http://www.giant.co.jp/giant17/bike_datail.php?p_id=00000090

当日や今までのブースでも展示してありました GIANT オムニウム をポジション出しのステムだけ変更
基本それだけでエントリーです 簡単

海外では最近すごく人気の高いピストバイクを使ったクリテリウムですがノーブレーキ問題で一般社会では受け入れ辛い 日本の現状 ピストバイクが走れるのはバンクだけみたいになってますが
そこを104サイクル児玉利文sfidare代表が声を上げ 本場Red Hookに出場し体験してきた生を 日本初という形で開催していただいたことに もう単にリスペクトしかない 楽しい企画をありがとう!

左が児玉代表 右相談役ジャスミン

https://www.flickr.com/photos/maekawa0717/albums/with/72157682161116301

写真は前川菊蔵くんが朝からバシバシに撮ってくれてます ありがとう! そうは言っても ノーブレでコーナーで脚止めれないのは危険じゃないのか? 問題ですね^ ^

簡単に大丈夫ですとは言えませんし
今回のエキシビションレースで怪我なく られたのは ある程度ピストバイクに慣れている ライダー達だったからだし 他はいい大人だから無理しないジェントルマン的ライディングに尽きる

ノーブレだから危ないのではなく
変な動きをしようがない
減速は脚で行うので突っ込むスピードが怖い場合は手前から回転弱めれば言い分けです
斜行は何に乗ってもありますが

ブレーキかけていきなり止まる スピードの落差があまりないので思ったより安全です 僕はロードのクリテリウムより好きです^ ^

まあこれは閉鎖されたコースでの話ですので… 試走はたんまりします
ギア比は想定でセッティングしていきますが 今回は48×16 です 軽過ぎず重すぎず 丁度良かった
今回のコースは高速部分と林セクションの低速セクションに分かれます
いかにスピードの落差を無くすかで試走を繰り返します
第一コーナーの突っ込みを徐々に鋭く
第一コーナーはインベタの穴のイン側一本ラインで狙う
ここの減速を最小限に抑えれば林セクションは楽にこなせる

時間が来たのでドリンク飲んでスタート待ちます

104サイクルカズーニョの挨拶から始まり

児玉代表がルール説明を英語混じりでしてる

のんびりしてる中で

1番左の野郎は真剣にアドレナリングツグツに沸騰させてました

なぜならスタートが肝心なので ペダルをMTB用に変えペダルキャッチを素早くしやすくしダッシュを完璧に決める のとコーナーで脚出した時にペダルリング止めれない中でペダルをはめるならMTB用です

スタート! クリートキャッチ一発! ダッシュが

き、ま、っ、た…… あれ?

児玉代表 mtgで集団の写真が撮りたい と英語混じりでいってたらしい
僕がぶち壊しましたね、 笑笑

半周回って 改めてスタート!

12周スタート
先頭付近で走り
第一コーナーへは常にトップで飛び込む
試走を繰り返して得意になっていたので飛び込みのスピードで林セクションで後ろを離す作戦
7周続けて もどうしても 林セクション終わる立ち上がりで付かれてしまう

ギア比はバックストレートではフロントギア 1T 重くても良かったかと思うほど回りきる
8周目に クルーズがバックストレート左側からアタック このアタックに付けたのは ハッチ ジャスミン 尾関くん 児玉代表
僕は少し離れる

後ろから来た佐野さんの列車に乗せてもらうけど脚は終わり その後は
着きそうで付けない ジワジワと脚を削られて
最後 6位でゴール

奥深け〜! ギアからラインまで BMXとシクロクロスの要素盛りだくさんやでこれ
簡単に次!って言えないけど 次回開催の時はまた絶対出る
すげぇー楽しかった!

優勝はクルーズ

おめでとう㊗️

ピストバイクは一台持っていると なんか特別感あるのはなんで? 俺の武器 みたいな 特別な一台?
価格もお手頃ですぐに走れるから 今回なみたいなレースが出てくるなら一台持っていても良いかもです

僕のこだわりは バイクはもちろんだけど バーテープの中に仕込むシリコングリップです

ドロップ部を握るのがポジションとして当たり前 な大事な握る部分に 握りやすいように凸凹付けてくれます コレが握りやすいのと下からの突き上げで手がズレないクッション性もあり 今回のピストクリテには最適でした
常にペダリングしていながら右左コーナーを抜けるなかでグリップ部は意識しないで握っていられるのは心強かったです
おすすめ

何はともあれ怪我なく終われて良かった^ ^

応援ありがとうございました!